介護保険を受けられるのは何歳から?

介護保険は2段階に分けられサービスを受けられる第1号被保険者が65歳以上・保険料を支払う第2号被保険者は40歳以上65歳未満を指します。基本的には65歳以上から市町村の介護認定で要介護・要支援と認定されて始めて介護サービスを受けられますが65歳未満でも特定疾病と呼ばれる骨折を伴う骨粗鬆症・認知症・脳血管障害などに罹患して日常生活が困難と認定されれば介護サービスを利用できます。特定疾病は加齢とともに身体上・精神上障害が生じる疾患を指します。

在宅?施設?貴方の選択肢は?

介護サービスを受ける上でまずはケアマネージャーから介護計画を提出してもらい自分達の生活リズム(仕事や家庭状況)に則した計画を選択します。在宅が難しくてもお金がなく民間の老人ホームへの入居が不可能な場合は、ショートステイなど施設を短期利用するサービスで繋ぎ希望する施設に空きが出るまで待機になります。希望の施設も複数申し込んでも空きが出るのは早くても2年先など長期が予想されますので医療機関とも相談しながらの待機になります。

介護サービスはどんなモノがあるの?

在宅サービスでは訪問介護・訪問看護・訪問入浴介護などを受けられます。誤解されるのは家政婦ではないので希望通りに作業してもらえないケースもあり散歩の付き添いなどは別途有料になったり散歩はしないケースがありますので確認しておきます。通所のデイサービス・短期入所のショートステイ・車椅子などの福祉用具のレンタル及び購入費補助になります。公的介護施設は介護が特に必要な人が入る特別養護老人ホーム・家庭に戻れるようにリハビリする介護老人保健施設・長期の医療管理が必要な人が入る介護療養型医療施設があります。

介護の求人は毎週土日の新聞折り込みチラシに掲載されている事があるので興味がある場合はチェックしてみると良いでしょう。