歩行の安定性をサポートしてくれる杖

高齢者の場合は、若い人のように激しい運動をすることが出来なければ、体の機能の衰えなどによって歩行なども不安定になってしまうこともあります。そして、そんな高齢者の歩行をサポートしてくれる便利な介護用品が杖です。杖ひとつあるだけで、体を支える部分が多くなり歩行が安定してきます。特に、高齢者に多い大腿骨の骨折は転倒した時に起こりますので、そのような怪我を予防するためにも杖は活躍してきます。ちなみに、値段も数千円程で買えますし、最近の杖は長さなどを簡単に買えられるので背の丈にあったものを使えます。

夜間の排泄をサポートしてくれるポータブルトイレ

また、夜間のトイレは高齢者にとっては要注意です。現在の高齢者は寝る時に豆電球を付けるのを嫌がる方もおり、部屋を真っ暗にして寝られる方もいますよね。ただ、そのように真っ暗な状態で寝て、尿意などを催してベッドや布団から立ち上がろうとしたり、電気を付けたり部屋の中を歩くのは危険が多いです。そして、そんな時にはポータブルトイレが活躍してくれます。ベッドの直ぐ横にポータブルトイレを設置すれば、そのような危険も少なくなって、怪我をするリスクも減らせます。

移動をサポートしてくれる車椅子

そして忘れてはならない介護用品が車椅子です。高齢者の中には、糖尿病などの治療で片足を失ってしまったという方や、脳梗塞で片麻痺状態になってしまう方もいます。ですが、車椅子を利用すれば、腕を使って移動することが出来るようになってきます。種類も豊富で、自走式の車椅子、介護用車椅子、リクライニングや片麻痺用の車椅子などありますので、自分の足で歩けない高齢者の方の生活の一部をサポートしてくれます。歩行が困難になったら、車椅子を使う手段も現在はあります。

介護に就職を検討する場合、職場の選択肢は複数存在します。介護センターにもデイケアや訪問介護の仕事などがあるので、それぞれの職場の特徴を踏まえたうえで就職先を探していくことが大切です。