保育士は国家資格が必要

保育士になるためには、国家資格である保育士資格を取得する必要があります。国家資格を独学で取得するのは難しいため、指定保育士養成施設に定められている専門学校や短期大学、大学などで学んだ方が、卒業と同時に資格を取得することが可能なので、そのような養成施設で学んだ方がよいでしょう。また、養成施設では、実習が行われます。実習は、現場で働く前から現場を体験できる貴重な機会です。さらに、実習やインターンシップによって就職が決まるケースもあるので、とても有意義な機会といえます。

保育士に求められるものって?

保育士は、子どもやその保護者と大きく関わる職業ですから、子どもたちの成長をサポートするためには明るく活発な人柄が求められます。挨拶やマナーやルールを守るといった一般常識は子どもたちのお手本になるため、必要最低限できなければなりません。また、多くの子どもが集まることで突然アクシデントやトラブルが起こることも多くなります。そのような場合、柔軟に対応し、適切に問題を解決する、責任感を持って行動することも求められます。近年では、育児や教育の現場が多様化したことで保育士の知識や技術だけではなく、保育士にもプラスアルファの能力が求められるようになってきたので、何らかの自信を持って得意と言えるものを持っていくことも大切です。

多様な働き方もできる

保育士になるためには、まず保育士の資格を取得しなければなりませんが、細菌では幼保一元化が叫ばれているため、保育園勤務を希望する場合も、幼稚園教諭免許も取っておくとよいでしょう。養成施設によっては、卒業時に保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を取得できる学校や医療系や福祉系に特化した養成施設を卒業することで医療保育士や施設保育士を目指すといった特殊な選択ができる場合もあります。自分のなりたいものを見つめ直し、最短で資格が取れる方法を調べておくとよいですね。

子供を預かり親が仕事に出ている家庭のお子さんの世話をします。保育園での求人は資格や経験がなくても雇ってくれるところが増えています。